43歳 血糖値を下げるために私が取り組んでいること

大好きなご飯、パン、麺、デザートの摂取量を少なくし野菜中心の食生活を心がけています。

 

お米は1日にお茶碗1杯程度にしています。

 

パンは低糖質のものか全粒粉のパンにしています。

 

麺は糖質が少ないと書かれている蒟蒻麺のような物しか食べません。

 

調味料も砂糖は使用せず、甘味料を使っています。

 

糖質制限と書かれた調味料は色々試し自分に合った物を常に探している感じです。

 

ドレッシングもノンオイルで大さじ1杯あたりのカロリーが少ない物に変えました。

 

ここまで糖質を制限するのは、食材自体の糖質を考えてのことです。

 

ご飯などの主食や砂糖は糖質が多いとよく聞きますが芋類や豆類、野菜にも糖質が含まれています。

 

食材によって糖質の量は違いますが、そのまま食べても糖質を摂取するので調理の時点で減らせる糖質はカットしていき食材も糖質の少ないものを選んで制限してやっと1日に取り入れても大丈夫なくらいの量に収めることが出来るからです。

血糖値が高いと気になるのはやはり糖尿病です。

糖尿病による合併症は生死に関係することですし日常生活にも支障がでてきます。

 

血糖値が高く、糖尿病が心配になるのはある程度歳を重ねた方で太ってて、たくさん食べる人がなる病気のイメージがありましたが今ではそのイメージは崩れつつあります。

 

私も健康診断の尿検査で糖が出ていると言われまだ20代でしたので「ありえない」という気持ちしかありませんでした。

 

糖尿病予備軍と言われるようになりすごく身近な話になりました。

 

「血糖値が高い」と言われても目で見て分かるものでも感覚で分かることでもない為自分が高い血糖値でも検査をして数字で見ない限り分かりません。

 

数字を見たって信じられないのですから。

 

血糖値は食生活や生活習慣に直結するものであり一生上手に付き合っていかなくてはいけない数字なのかなと思いました。

 

自分の中の見えない敵と戦っているようで常に努力していかなければすぐに数字に表れ静かに体を蝕んでいく恐い存在となりつつあります。

最近知られるようになってきたサラシア

サラシアという成分はサラシア100に限らず最近耳にする機会が増えてきたように思います。

 

「こんな人におすすめ」の項目は全部当てはまってしまう私にはとても興味深い商品です。

 

糖質が体内に吸収されにくくなるとのことですがだからといって今まで通りの食生活で良いのかと問われるとそうでもないのかなと思いました。

 

天然成分なのは安心して利用できる大きな要素だと感じました。

 

色々な血糖値関連の商品が出ていますが成分がよく分からず躊躇してしまう物もたくさんあるからです。

 

1回1粒なのも手頃でいいと思いました。

 

少し疑問に思ったのが食事とともに服用して食後の血糖値の上昇を抑える効果があるということは糖質が高くなりそうな食事の時のみの摂取ではいけないのかということです。

 

1回1粒を、1日あたり3粒を目安にとの商品説明でしたので飲み続けなければ効果を期待できないのか服用直後の食事に対しての効果なのかが疑問に思いました。

 

サラシア100を利用して日々きっちり制限していた糖質が時々でも好きなものを気にせず食べられるのならストレスもなくなりますし、血糖値とも上手に付き合っていけるような気がしました。

 

>>サラシア100